どこまで借りられるいのかの基準を確かめる方法

お金を借りる時ですが、自分でどのあたりまで借りられるのか、
ということを調べていきたい方も多いのではないでしょうか。
実際に借りられる範囲というものですが、
ある程度は自分でも計算していくことができます。
もちろん、限度額につきましては消費者金融業者側で決めていくものになりますので、
確実な計算方法とはなりません。
しかし、借入れをする前にある程度の事は知っておくことができるのはプラスにもなるでしょう。

その借りられる額を知るというものですが、
総量規制という規制を活用します。
近年になりまして消費者金融のローンでは、
総量規制というものが関わってきています。
業者としても守っていかなければいけない規制です。
業者のテレビコマーシャルでもその規制について詳しい解説があることも多いです。
そちらで理解している方もいるでしょう。

その規制の詳しい内容ですが、年収の3分の1までしか借りられないというものです。
ですので、300万円の年収の場合は、」
100万円を超えるような借入れができなくなるというわけです。
それぞれの方の返済能力に関係なく決まってくるものになっていますので、
注意をしてみていかれるべきでしょう。

以上の規制を知ることで、前記した自分でも計算できることにつながってくるのです。
例えば年収が450万円の方は150万円までは借入れできると自分でもわかります。
最大どこまで借り入れできるのかを知っていくことは後々重要な事にもなります。

他に注目していくものとしては複数の借金がある方は、
それらの借金総額に総量規制がかかるということもあります。
消費者金融1社ごとに総量規制がかかるというわけではありません。
借金総額に規制がかかってくるのです。

ですので、仮に450万円の年収ですべに100万円の借金がある場合には、
新しい業者に申し込みましても50万円までしか借金をすることができないということです。

ここまで銀行との関連性も記述してきましたが、
こちらの規制は銀行ローンには適用されません。
そちらも覚えておくとよろしいでしょう。