ブラックリストと消費者金融の関係性

消費者金融とブラックリストというものは大きなかかわり合いがあるものです。
その詳しい内容についてですが、
考えていかなければいけないのが審査というものです。
審査についてですがブラックリストというものに何らかの不利な情報が掲載されていますと、
審査落ちというものをしてもらうことがあるのです。
審査落ちをしてしまいますと、やはりお金が借りられなくなるものです。
そういった状況を避けるためにも、
どのような事でブラックリストに情報が掲載されるのかを確認してみるべきです。

まずブラックリストですが、債務整理というものがあります。
債務整理をしますと確実にブラックリストに掲載されてしまいます。
ただし、債務整理といいましても、
どのようなものになっているのかを理解されていない方もいます。
有名な自己破産についてですが、そちらも範囲に入ってきます。
また、個人民事再生もそうですし、任意整理というものも範囲に入ってきます。

また、ちょっと珍しいものになるのですが、
過払い金の請求につきましてもブラックリストとかかわり合いがあるものになります。
条件がありまして、
いまだに返済が続いているものを過払い金請求しますとブラックリストには掲載されます。
一方で、すでに返済が終わっているものについてですが、
そちらを過払い請求したとしてもリストには掲載されません。
そのような違いについても理解していきましょう。

そして、借金の滞納というものもあります。
滞納期間があまりに長くなりますと、掲載されてしまいます。
一説には1カ月から1カ月以上滞納してしまいますと、
掲載されるといわれていますので気をつけていきましょう。

他にも申し込みブラックというものもあります。
申し込みを立て続けに行いますと怪しいと思われて掲載されます。
1カ月以内に3社以上に申し込みをすると掲載されるということですので、
申し込み件数には気をつけていかれるべきです。

消費者金融のブラックリストには、
以上のように債務整理や過払い金の請求、そして滞納に申し込み、というものがあります。
いずれかでも一つ問題があると借入れが不能になります。
そういったことにならないようにしましょう。